ストリームヤードの支払い方法は?PayPalやデビットカードは使える?

StreamYardのベーシックプラン以上を契約するには課金が必要です。

この記事では、ストリームヤードの有料プランで使える決済方法をご紹介します。
2023年2月現在、クレジットカードでしか支払いを受け付けていません

\クレカでかんたん登録!/

では、デビットカードやPayPal、銀行振込みで契約することはできるのでしょうか?
詳しく調べてみました。

使えるのはクレジットカードだけ

StreamYardでは、クレジットカードを使えます。

対応ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメックスなど
日本で普及しているカードは対応しています。

ビジネス用のカードを用意する必要もありません。

デビットカードは使える?

デビットカードもStreamYardの支払いに使えます
対応ブランドはクレジットカードと同じです。

VISAデビットや楽天銀行カードなど、日本でよく使われているカードでも大丈夫です。
もしデビットカードしか持っていない場合でも、問題無く利用できます。

デビットカードでストリームヤードに登録するならここから!≫

カードの変更はできる?

支払いに使うクレジットカードはいつでもカンタンに変更できます。

変更したら、次回の課金から新たなクレジットカードで支払われます

支払いカードの変更手順

支払いカードの変更はカンタンです。

クレジットカードの変更手順
  • ステップ①
    StreamYardのトップページにアクセス
  • ステップ②
    右上の[マイアカウント]をクリック

    マイアカウントをクリックすると、メニューが表示されます。

  • ステップ③
    メニューから[請求]をクリック

    請求をクリックすると、チームの設定画面に移動します。

  • ステップ④
    支払い方法を編集をクリック

    下にスクロースすると、お支払い方法があります。

    編集ボタンをクリックすると、クレジットカード番号を入力する画面に行きます。

  • ステップ⑤
    カード情報を入力する

    新たに使用したいカード番号を入れたら、クレジットカードを変更できます。

次回課金日から、新たなカードから支払われます。

いつでもカンタンにカード変更ができるので、とりあえず手元にあるカードで登録してみましょう。
クレカでStreamYardに登録する≫

ただし、使えないカードもあるので注意が必要です。

使えないカードもある

日本で発行されたクレジットカードの一部には、国際取引ができないカードがあります。
StreamYardはアメリカ企業なので、カードの発行会社によっては利用できなくなります。

日本で利用者の多い、「楽天カード」「イオンカード」「PayPayカード」「JCBオリジナル」などは国際取引に対応しています。

他の支払い方法は使える?

クレジットカード情報を入れるのが嫌だ…と思う人もいるでしょう。

他の支払い方法も使えるのかを調べてみました。

PayPalで支払える?

2023年2月現在、ペイパルでは支払いを受け付けていません。
まだ対応予定もありません

銀行振込み・銀行引き落としは使える?

銀行引き落としにも未対応です。

ただし、デビットカードで支払いすれば、銀行引き落としの感覚で利用できます。

支払い日はいつ?

支払いは有料プランに登録した日に請求されます。

初回課金日

初日に請求されますが、最初の7日間は返金保証があります。
7日を超えるとキャンセルできなくなります。

\7日間返金保証あり!/

更新の課金日はいつ?

その後、更新日に課金されます。
課金日は「月払い」か「年払い」か で変わります。

以下の画像は1月20日に有料プランに加入した場合の更新日です。

01/20に有料プランに入った場合

年払いなら、1年後に課金日が来て請求されます。

引き落とし日はいつ?

カード請求の引き落とし日は、クレジットカード会社によって変わります。
正確な情報はお使いのカード会社にお問い合わせください。

楽天カードの場合

楽天カードは締め日が月末、引き落としが翌月の27日。

1月に使った金額は、2月27日に銀行から引き落とされます。

「締め日」も「引き落とし日」もカード会社によって様々です。
15日締め、5日締めなどがあるので、よく調べる必要があります。

引き落としに失敗すると、無料プランに引き下げられます。
もう一度課金しないと、有料プランの機能は使えなくなります。

まとめ

StreamYardで使える支払い方法は、2023年2月時点ではクレジットカードのみです。
VISA、マスターカード、JCB、アメックスなど、日本で普及しているクレジットカードはほとんど利用できます。

デビットカードも利用できるので、クレカを持っていない人でも問題なく有料プランに加入できます。

しかし、PayPalや銀行引き落としなどは利用できません

クレジットカード情報を入れるのが心配な人もいるかと思いますが、
ストリームヤードはGoogleやMicrosoftでも利用されるツールなので安心して大丈夫です。

引用元:https://streamyard.com/why-streamyard

楽天カードやPayPayカードでも使えます。

7日間の返金保証もあるので、リスクなしで試せます!

\ほとんどのクレカが使える!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました