ストリームヤードの各プランを比較!無料と有料の違いや[ベーシック][プロフェッショナル]を比べてみた!

ストリームヤードには、無料プラン/有料プランがあります。
この記事は、ストリームヤードを使ってみたいけど、どのプランがいいのか分からないな…と思っている人に向けて書いています。

まず、結論から書くと、とりあえず試してみたい人は[フリープラン]で十分です。
ただし、無料版は[StreamYard]のロゴが常に表示されていたり、配信時間に制限があったりします。

本格的にライブを始めたい人は[ベーシックプラン]を使ってみてください。
制限時間なしで配信できたり、独自のロゴを表示できます。

さらに画質にもこだわりたい人は[プロフェッショナルプラン]
YouTubeなどで一般的な1080pで配信できます。配信先も8ヵ所まで設定でき、チームで取り組みたい人におすすめのプランです。

フリーベーシックプロフェッショナル
月額
(年契約)
0ドル25ドル
(20ドル)
49ドル
(39ドル)
配信制限月20時間無制限無制限
ローカル録画月2時間無制限無制限
ロゴ変更×
オーバーレイ、背景変更×
参加人数: 合計
(画面上)
(バックステージ)
10人
(6人)
(4人)
10人
(10人)
(10人)
12人
(10人)
(2人)
管理者の数2人2人4人
マルチ配信×3ヵ所8ヵ所
カスタムRTMP配信×
ストリームヤードのみでの配信××
最高画質720p720p1080p
複数カメラ配信××
(2台)

今なら7日間返金保証があるので、ノーリスクでどのプランも試せます。
使ってみたいプランを試してみてください。

さらに、Proプランに年間契約で登録すると、年間120ドル(約16,000円)引きになります。
(ベーシックプランは60ドル引き)

もちろん年間契約でも返金保証が付いています。

\返金保証があるのはここだけ!/

各プランの機能比較

各プランの機能を箇条書きでご紹介していきます。

フリー

配信に必要な基本的な機能はあります。
しかし、制限も多いのでお試し感覚で使うことになります。

  • 配信でのStreamYardロゴ表示
  • 配信制限
  • ローカル録画:最大2時間/月
  • 最大6人の画面参加者
  • 2席

とりあえず試したい人におすすめのプランです。

配信でのStreamYardロゴ表示

1ヶ月20時間の配信制限

ローカル録画:最大2時間/月

複数人で配信したとき、各参加者の映像や音声をローカルで録画する機能です。
回線が不安定になって、声や映像が途切れても、綺麗な映像を残して配信できます。

この機能には月あたり2時間制限があります。

後から、動画編集ソフトで簡単に編集できる形式でダウンロードすることができます。

ベーシックプラン以上になると、ローカル録画は無制限になります。

ベーシックプランについて知る≫

最大6人の画面参加者

ストリームヤードでは1つの画面上に複数人映して、会話を配信できます。
無料プランでは、同時に6人まで画面に表示させられます。

有料(ベーシック/プロ)プランでは同時に10人表示させられます。

2席(チームメンバー)

[管理者]や[共同ホスト]
(コメントや配信の管理をできるメンバー)を追加できます。

無料プランだと、自分を除いて +1人 追加できます。

Security check

ベーシック

フリープランの機能すべてが含まれています。

  • 配信へのStreamYardロゴ表示なし
  • 無制限の配信
  • 無制限のローカル録画
  • 最大10人の画面参加者
  • ライブ配信の録画
  • マルチ配信 – 3件の配信先
  • カスタムRTMP配信先
  • ロゴ、オーバーレイ、背景
  • 事前録画配信 – 1時間

本格的にライブ配信を始めたい人向けのプランです。

配信へのStreamYardロゴ表示なし

無制限の配信

1ヶ月20時間の配信制限が無くなり、時間制限なしで配信できます。

無制限のローカル録画

無料版では、月2時間に制限されていたローカル録画ですが、ベーシックプランからは制限がなくなります。

最大10人の画面参加者

配信画面上に10人同時表示させることができます。

ライブ配信の録画

ライブ配信と録画を同時にできます。

マルチ配信 – 3件の配信先

1度に複数のプラットフォームに同時配信できます。
YouTube、Twitter、FacebookそしてTwitchなど、様々なプラットフォームに配信できます。

ベーシックプランでは3ヵ所に配信できます。

カスタムRTMP配信先

StreamYardから直接連携(Vimeo、Wixなど)できないサービスにも、ライブ配信を行えます。

ロゴ、オーバーレイ、背景

無料版では制限されていた、ロゴ、背景、そして表示されている言葉などを変更できます。

事前録画配信 – 1時間

あらかじめ録画しておいた映像を予定配信できる機能です。
コメントを拾ったり、視聴者とコミュニケーションを取らなくても良いプレゼンを配信するのに向いています。

ベーシックプランでは、ビデオ1つの長さ最大1時間に制限されており、1度に5件まで予定配信を行えます。

プロフェッショナル

ベーシック機能をすべて+

  • StreamYard On-Air – 250人のビューアー
  • フルHD(1080p)
  • 追加のカメラ
  • 最大12人のバックステージ参加者
  • マルチ配信 – 8件の配信先
  • 4席
  • 事前録画配信 – 2時間

画質にこだわったり、複数人のチームで取り組みたい人におすすめなプランです。
ゲーム実況者にも使いやすくなっています。

StreamYard On-Air – 250人のビューアー

ストリームヤードのみで配信できる機能です。
YouTubeやFacebookと連携せず、ライブ配信ができます。

フルHD(1080p)

YouTube動画で一般的な解像度である1080pで配信できます。

追加のカメラ

2台のカメラを切り替えたり、同時表示しながら配信できます。

料理配信や商品説明、顔(リアクション)と映像など、映像を同時に見せたい時に使える機能です。

最大12人のバックステージ参加者

画面上には最大10人、バックに2人待機させられます。

マルチ配信 – 8件の配信先

8ヵ所の配信先に同時配信できます。

4席

管理者や共同ホストを自分含めて4人にできます。

コメント管理や、映像の切り替えなど、複数人でライブを運営するときに便利です。

事前録画配信 – 2時間

事前に録画した動画を予定配信できます。

プロフェッショナルプランでは、ビデオ1つの長さ最大2時間に制限されており、1度に5件まで予定配信を行えます。

ベーシックとプロフェッショナル どっちがおすすめ?

有料プランで本格的に配信を始めたいけど、ベーシックとプロフェッショナル どちらのプランがいいのか迷う人もいるでしょう。

2つのプランで迷ったら、とりあえずベーシックプランがおすすです。

プロフェッショナルプランで変わることは、

  • 高画質(1080p)になる
  • カメラを増やせる
  • 配信先を増やせる
  • 管理者を増やせる
  • YouTubeなどと連携せず配信できる

と言った機能が増えることです。
これらの機能が必要と思わなければ、無理に高いプランを選ばなくても良いでしょう。

プロフェッショナルプランが必要になればアップグレードすれば良いだけです。

ただし、今は7日間返金保証が実施されています。
プロプランでも適用されるので、7日間だけ試してみるのはおすすめです。

それで不要と感じたら、ベーシックプランに変更しましょう。

\返金保証があるのはここだけ!/

まとめ|どのプランがおすすめ?

本格的にライブ配信をしていくなら、配信時間の制限がなくなったり、ロゴを変更できる
[ベーシックプラン]がおすすめです。

1080pでの配信やカメラの切り替え、などさらに本格的な配信をするなら
[プロフェッショナルプラン]がおすすめです。

キャプチャーボードを使わず、低スペックなPCでもPS5/PS4の映像を1080pで配信できるので、
ゲーム実況は始めたい人におすすめのプランです。

今なら7日間返金保証があるので、試してみたい人は有料プランを使ってみてください。

\返金保証があるのはここだけ!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました