ストリームヤードで消費する通信量は何ギガバイト?通信速度はいくら必要か調査!

この記事にはプロモーションが含まれていますが、私の実際の体験や調査に基づき書かれています。

StreamYard(ストリームヤード)は複数のプラットフォームに同時ライブできるツールですが、
同時配信すると通信量が増えるのでしょうか?
気になったので調べてみました。

結論を書くと、
ストリームヤードは複数メディアに同時配信しても、通信速度4Mbpsあれば問題ありません
1時間配信した場合、約2GBほど消費します。

配信先が1ヵ所でも、3ヵ所でも、同じデータ量で配信できます。

▼7日間返金保証あり▼

必要なデータ量は何ギガ?

ストリームヤードの配信を1時間すると、約2GBほど消費します。
配信先が1ヵ所でも、8ヵ所でもデータ量は変わりません。

必要な通信速度は?

ストリームヤードの配信は4Mbps以上が必要。
YouTubeの1080p動画が視聴できるくらいの速度があれば十分です。

この通信速度で1時間配信すると、1.8~2GB消費することになります。

スマホの通信速度で利用できる?

大手キャリアなら全く問題無く利用できます。

格安SIMでも、お昼の混雑時間帯を避ければギリギリ配信できます。

スマホならWi-Fi利用がおすすめ

スマホで配信するならWi-Fiに繋いで配信するのが無難です。
通信が安定する上に、通信量も気にせず配信できます。

パソコンで配信する場合

パソコンで配信する場合は、Wi-Fiでも問題ありません。
しかし、より安定して配信するには有線LANに繋ぐのが無難です。

通信データ量が変わらない仕組み

ストリームヤードを使うと約4Mbpsの速度で、複数のプラットフォームに同時配信できます。

動画データをストリームヤードに配信して、そこから各プラットフォームにマルチ配信する仕組みになっています。

注釈にも、[マルチ配信でデータ量が増えることはない]と書かれています。

3件のプラットフォームに同時に配信!マルチ配信でも超高速インターネットは必要ありません。マルチ配信の処理により、送信されるサーバー上のデータの量が変わる事はありません。

https://streamyard.com/

まとめ

ストリームヤードは4Mbpsあれば、複数のメディアに同時配信でき、
1時間配信した場合、約2GBほど消費します。

配信先が増えても、配信者のデータ量が増えることはないので、高速通信は不要です。

複数のプラットフォームにマルチ配信するには、[スタンダードプラン]以上の契約が必要です。
今なら7日間返金保証を使えるので、リスク0で試せます。

▼7日間返金保証あり▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました