Public Relations

バーチャルオフィス【Oasis】を使えばZoomは解約しても良いか?どれくらいのサービスを代用できるのか調査!

Oasis(オアシス)はオンライン上で本当のオフィスのような空間を作れるオンラインプラットフォーム。

ただ席を移動したり、チャットしたりするだけでなく、音声/ビデオ通話など、リモートワークに必要な基本的機能が備わっています。
中には、既に利用しているサービスと重複していて、解約出来るサービスも出てくるかも知れません

この記事では、Oasisを利用することで、『代用できるビジネスツール』と『別途契約しておいた方が良いツール』についてご紹介します。

あくまで個人的な意見なので、不明点があってもOasisや各サービスにお問合せはしないでください。

Oasisの機能

まず最初に、Oasisの基本的な機能をご紹介します。

Oasisには、音声通話/ビデオ通話/メッセージ/画面共有などの基本的な機能に加えて、以下のような特徴的な機能があります:

  1. ステータス機能: 会話が可能かどうか、会話中かどうかなどのステータスを設定できます。これにより、他のメンバーが現在どのような状態にあるのかを一目で確認できます。
  2. リアクション機能: 絵文字を活用したリアクションで、自分の気持ちを簡単に他のメンバーに伝えることができます。これは、会議やセミナーなどでのリアクションとして最適です。
  3. プロフィール機能: 組織情報だけでなく、趣味や得意なことなどを共有できます。これにより、メンバー間の人間関係を深めることができます。
  4. マルチフロア: 目的別に複数のフロアを設置できます。これにより、異なる目的の活動を同時に進行させることが可能になります。
  5. 分析機能: バーチャルオフィスの利用状況を数字で見ることができます。
    これにより、効果的な運用や改善策を考えるためのデータを得ることができます。
  6. カスタムフロア: ユーザーはテンプレート素材を用いて簡単にフロアをカスタムすることができます。また、完全オリジナルのフロアを作成することも可能です。

Oasisで代用できるサービス

あくまで個人的な意見なので、不明点があってもOasisや各サービスにお問合せはしないでください。

ビデオ通話サービス(Zoomなど)

貴社がZoomを社内ミーティングや発表にしか使っていないなら、Oasisで代用できるかも知れません。
Oasisは、音声通話やビデオ通話の機能を持っていますが、Zoomと比較すると、その主な目的と機能が異なります。

機能ZoomOasis
音声通話
ビデオ通話
チャットメッセージ
画面共有
レコーディング×
大規模な会議(100人以上)×
ブレイクアウトルーム◯ (各テーブルで個別の会話が可能)
バーチャル背景

Zoomは主にビデオ会議やウェビナーの開催に特化しており、大規模な会議やプレゼンテーション、教育セッションなどに適しています。

一方、Oasisはバーチャルオフィス環境を提供し、リモートワークのコミュニケーションとコラボレーションを強化することを目指しています。
Oasisの音声通話/ビデオ通話機能は、チームメンバーとの日常的なコミュニケーションや小規模なミーティング、1on1に適しています。

しかし、大規模なビデオ会議やウェビナー、高度な会議管理機能が必要な場合は、Zoomのような専用のビデオ会議ツールを使用することをおすすめします。

したがって、社内やコミュニティ内で使うビデオ通話に関してはOasisだけで十分使えます。

Zoomを解約することでどれくらい節約できるか?

Zoomの日本公式サイトに記載されているProプランの料金が1ユーザーあたり月額2,125円で、
これを10ユーザー分とすると、合計21,250円/月となります。

一方、Oasisの継続プラン(30人)の料金は税抜き18,000円/月です。

したがって、ZoomからOasisに移行することで、毎月約(21,250円 – 18,000円) = 3,250円のコスト削減が見込まれます。

チャットツール

コミュニケーションを目的として、Chatwork、Slack、LINE WORKSなどのチャットツールを使っているなら、解約しても問題ありません

Oasisのメッセージ機能は、チームの結束やコミュニケーションを強化する目的に十分に使用できます。

Oasisはバーチャルオフィス環境を提供し、メンバー間のリアルタイムなコミュニケーションを可能にします。
直接会話や情報共有はもちろん、メッセージ機能や音声通話、ビデオ通話、マルチフロアなどの機能を活用することで、物理的に離れた場所にいてもチームメンバーとのつながりを感じることができます。

Chatworkを解約することでどれくらい節約できるか?

Chatworkの公式サイトによると、ビジネスプランは料金が1ユーザーあたり月額700円で、
これを30ユーザー分とすると、合計21,000円/月となります。

一方、Oasisの継続プラン(30人)の料金は税抜き18,000円/月です。

したがって、ChatworkからOasisに移行することで、毎月約(21,000円 – 18,000円) = 3,000円のコスト削減が見込まれます。

ただし、ファイル共有、他のビジネスツールとの統合、検索機能など、専用のチャットツールが提供する高度なメッセージ機能が必要な場合は、Oasisのメッセージ機能だけでは不十分かもしれません。
そのような場合は、Oasisと専用のチャットツールを併用することを検討すると良いでしょう。

こんな場合は別途チャットツールがあると良い

  • 外部の人間とチャットする
  • メッセージ内で直接ファイルを共有して、後で検索する

など、単純なチャットのやり取り以上をするにはOasisのメッセージ機能だけでは不十分になるかも知れません。

以下ではOasisを使うに当たり別途契約したら、より業務がスムーズになるツールをご紹介します。

Oasisと併用をおすすめするサービス(個人的感想)

ここからはOasisと併用するとより業務がスムーズに進めやすくなるであろうサービスをご紹介していきます。

以下でおすすめしているサービスはOasisの推奨ではなく、あくまで個人的な意見なので、不具合や不明点があってもOasisや各サービスにお問合せはしないでください。

ストレージ・ファイル共有サービス

Oasisのメッセージ機能は基本的なコミュニケーションをサポートしますが、ファイル共有やストレージ機能は提供していません。
そのため、以下のようなストレージ・ファイル共有サービスの利用を検討すると良いでしょう。

Googleドライブ

Google Driveは、ファイルのアップロード、共有、編集を簡単に行うことができるクラウドストレージサービスです。
Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのオフィススイートとの統合が特徴で、リアルタイムの共同編集が可能です。

GoogleWorkspaceのBusiness Standardプランだと、1人あたり2TBのストレージを付与されます。

Dropbox

Dropboxは、ファイルのアップロード、共有、バックアップを行うことができるクラウドストレージサービスです。
複数のデバイス間での同期が容易で、オフラインでもファイルにアクセスできます。

Microsoft OneDrive

Microsoft OneDriveは、Microsoft 365と統合されたクラウドストレージサービスです。
Word、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Officeアプリケーションとの連携が強みで、ファイルの共有や共同編集が可能です。

タスク管理ツール

タスク管理ツールは、プロジェクトの進行状況を追跡し、作業を効率的に管理するためのツールです。

Googleカレンダー

Googleカレンダーは、タスクの期限やミーティングのスケジュールを管理するためのツールです。
タスクをカレンダーに追加し、リマインダーを設定することで、期限を見逃すことなくタスクを管理することができます。

Googleスプレッドシート

スプレッドシートは、タスクのリストを作成し、そのステータス、担当者、期限などを追跡するためのシンプルなツールとして使用できます。
また、データのフィルタリングやソート、条件付き書式設定などの機能を活用することで、より高度なタスク管理を行うことも可能です。

Trello

Trelloはカードとボードを使用してタスクを整理し、プロジェクトの進行状況を一目で確認することができます。
また、チームメンバー間での共同編集も容易です。

Notion

Notionは、ノート、データベース、カンバンボード、カレンダーなど、多機能なワークスペースを提供するツールです。
これらの機能を組み合わせることで、タスクのリスト作成、進行状況の追跡、期限の管理など、詳細なタスク管理を行うことができます。

メールツール

Oasisにはメールの送受信機能を有していません。メールの送受信や管理には別途メールツールの使用が必要です。

Gmail

Googleのメールサービスで、Google Workspace(旧G Suite)の一部として提供されています。
高度な検索機能、大容量のストレージ、スパムフィルタリングなどの機能があります。

Outlook

Microsoft 365の一部として提供されるメールサービスで、カレンダー、タスク管理、連絡先管理などの機能と統合されています。

ドキュメントツール

ドキュメント作成ツールは、議事録や会議をまとめたりするのに必須です。
Oasisではドキュメント作成機能はサポートされていません。

Googleドキュメント

Googleドキュメントは、リアルタイムでの共同編集やコメント機能、リビジョン履歴の追跡など、チームでのコラボレーションを強化する機能が充実しています。
また、Googleドライブとの統合により、ドキュメントの保存と共有が容易です。

Word

Wordは、豊富な書式設定オプションやテンプレート、高度なレビューと編集ツールなど、プロフェッショナルなドキュメント作成に必要な全ての機能を提供しています。
Microsoft 365の一部として提供され、OneDriveとの統合により、ドキュメントの保存と共有が可能です。

Notion

Notionは、ドキュメント作成、データベース、プロジェクト管理など、多機能なワークスペースを提供するツールです。
ドキュメント内にテーブルやカンバンボード、カレンダーなどを埋め込むことができ、情報を一元管理することが可能です。

WEBホスティングサービス

サービスや法人のホームページを作るのに必要になります。

ラッコサーバー

ラッコサーバーは、シンプルで扱いやすい管理画面で、WordPressサイトを簡単に解説できます。
セキュリティ対策やバックアップ機能も標準搭載されており、WEBに関する専門知識がなくても企業のホームページを立ち上げることができます。

企業のホームページやサービス紹介ページなど、アクセスの急増がない場合、低価格で扱いやすいラッコサーバーがおすすめです。

Amazon Web Services(AWS)

Amazon.comが提供するクラウドコンピューティングプラットフォームで、ウェブホスティングやレンタルサーバーとして広く利用されています。
従量課金で利用でき、サイトやサービスのスケールに合わせてコストが変化します。

WEBサイトだけでなく、大きなサービスやメディアサイトを運営する予定なら、AWSを検討してみましょう。

会社で使うならOasisとGoogle Workspaceの併用がおすすめ

&

Oasisはバーチャルオフィス環境を提供し、リアルタイムのコミュニケーションとコラボレーションを強化します。
・音声通話
・ビデオ通話
・メッセージ送信
・ユーザーステータス表示
・バーチャルオフィス環境
・マルチフロア
などの機能を通じて、チームメンバーとのつながりを感じることができます。

一方、Google Workspaceは、
・メール(Gmail)
・ドキュメント作成・共有(Google Docs, Sheets, Slides)
・カレンダー(Google Calendar)
・クラウドストレージ(Google Drive)
・ビデオ会議(Google Meet)
など、ビジネスに必要な一連のクラウドベースの生産性ツールを提供します。

したがって、Oasisでリアルタイムなコミュニケーションとコラボレーションを行いつつ、
Google Workspaceでメールの管理、ドキュメントの作成・共有、スケジュールの管理などを行うことで、チームの生産性と効率性を最大化することができます。

GoogleWorkspaceの料金は1ユーザーあたり月額680円~、
Oasisの補助として使ってもコスパの良いサービスです。

ただし、単純なコミュニティとして使う場合であったり、イベント利用で単発契約の場合は、Oasisのみでも問題ありません

まとめ

Oasisはバーチャルオフィス環境を提供するプラットフォームであり、リアルタイム・・・・・・のコミュニケーションとコラボレーションを強化することを目指しています

大規模なウェビナーや外部向けの配信を行わないならZoomを解約しても大丈夫です。
また、チャットツールを社内のコミュニケーションでのみ使っているなら、チャットツールも不要。
Oasisの機能で十分代用できます。

Oasisを活用すれば、今まで契約していたサービスを解約してコスト削減に繋がる上に、チームの結束力が強まります。
リモートワークを円滑に進み、生産性や定着率を上がるでしょう。

\登録・資料請求はこちらから/

また、Oasisでは、14日間の無料トライアルを提供しています。
初期費用や月額費用は不要で、数十人の小規模で使い勝手などを試せます。

まずはOasisに無料相談してみると良いでしょう。

まだ、無料トライアルに申し込むほどではないけど興味がある。という人は資料ダウンロードや自由見学スペースで試すこともできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました