Google Workspaceで独自ドメインのGメールを有効にする方法[MXレコードの追加]

この記事にはプロモーションが含まれていますが、私の実際の体験や調査に基づき書かれています。

この記事ではGoogle Workspaceで設定したドメインでGmailを使う方法をご紹介します。

まず、ドメイン確認までこちらの記事を見ながら進めてください。

ここからは、ドメインの所有権確認が完了している前提で話を進めていきます。

独自ドメインでGmailを利用する方法

Google Workspaceのドメイン保護が終わったら、続けてGmailの有効化をしていきます。

[example.comにおける Gmail の有効化]をクリックしましょう。

すると、以下の警告文が表示されます。
そのまま有効化していきましょう。

クリックすると、以下の画面が出てきます。

今回はムームードメインを使用しているので、新しいタブでムームードメインを開いておきましょう。

そして
次へ:手順2に移動 をクリック

表示された先で必要なコードが書かれています。
以下のコードをそのまま書き写せばOKです。

ムームードメインに貼り付けて行きましょう。

サブドメイン種別内容優先度
MXASPMX.L.GOOGLE.COM1
MXALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM5
MXALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM5
MXALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM10
MXALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM10

実際の画面はこちら

コードを追加、保存したらGoogle Workspaceの画面に戻ります。
画面下にある[Gmail を有効にする]をクリックすれば完了。

GMAILを有効にするをクリックしたら、少し待ちましょう。

以下のような確認中画面が数秒間流れます。

以下の表示が出たらメールの設定は完了です。

完了をクリックすれば、Google Workspaceの設定画面に戻ります。

正常に設定できたか確認する方法

上の画面から完了をクリックしたら、下の画面に移動します。

ここで、[テストメールを送信]をクリック。

以下のウィンドウが開きます。
そのまま送信を押しましょう。

送信を押したら、Gmailを開きます。

画面右上にあるメニューボタンから、Gmailを選択。

Google Workspace – 3

するとGmailの画面が表示されます。

受信トレイにテストメールが届いているのを確認できれば、メール設定の確認も終わりです。

まとめ

これで、独自ドメインでGメールを使えるようになります。
○○@example.comなど会社のドメインでメールを送受信できるようになります。

追加したメンバーの分も、メールアドレスを作れます。
Google Workspaceにメンバーを追加する方法はこちらの記事でご紹介します。

[チームが増えたら]GoogleWorkspaceでユーザーを追加する方法
Google Workspaceではチームが増えたときにユーザーを追加する事ができます。 必要な物はGoogle Workspaceのアカウントのみ。簡単にユーザーを追加できます。 まだGoogle Workspaceに登録していない方はこ...

ビジネスをする上で独自ドメインのメールアドレスは欠かせません。

今はメンバーがいなく、1人でビジネスをやっている人でも、今後の展開や成長を考えると早めに独自ドメインのメールアドレスを持っておきましょう。

Google Workspaceは様々なプランがあり、最安プランで1ユーザー680円/月
ユーザーの追加や削除、プランの変更は好きなタイミングで行えます。

ビジネスの段階に合わせて柔軟に変更できるので、初期から導入するのがおすすめです。

まだGoogle Workspaceに登録していない方はこちらから登録してください。
今なら14日間の無料トライアルを実施しています。

\無料トライアルを試す!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました