airalo(エラロ)のローカル/リージョナル/グローバルの違いは?どれを選べば良い?

airalo(エラロ)では、ローカル、リージョナル、グローバルの3種類のeSIMプランがあります。
それぞれの違いは以下の通り。

  • ローカルeSIM: 一つの国や地域でのみ使えるeSIMプランです。
    • 日本国内で使う場合や、1つの国だけ旅行する場合などにおすすめです。
  • リージョナルeSIM: 複数の国や地域で使えるeSIMプランです。
    • 複数国を行くアジア旅行ならアジアリージョン。ヨーロッパ旅行ならヨーロッパリージョンなど、地域ごとに旅行する場合におすすめです。
  • グローバルeSIM: 世界中の130以上の国や地域で使えるeSIMプランです。
    • 全世界を移動することがあるビジネスマンや旅行者におすすめです。

ローカルeSIMを使えば、日本にある普通の格安スマホ感覚で使えます。
近頃多い通信障害に備えてアプリだけでも入れておくとのもおすすめです。

登録時もしくは購入時に紹介コードを入力すると、3ドル分の料金が割引されます。

▼3ドル割引になるクーポンコード▼
JYSESJ9043

各プランの比較

ローカル(現地の)eSIMは地域が限定される代わりに、価格が安くなります。
逆にグローバルになると、料金は高くなります。

現地のeSIM
(日本の場合)
リージョナルeSIM
(アジアの場合)
グローバルeSIMグローバルeSIM
(データ/通話/SMS)
通信エリア日本アジア諸国
対応国はこちら
全世界130カ国
対応国はこちら
全世界130カ国
対応国はこちら
有効期限と料金
(1GB)
7日間
4.5ドル
7日間
5ドル
7日間
9ドル
7日間
15ドル
(通話10分/10SMS)
有効期限と料金
(2GB)
15日間
6.5ドル
15日間
17ドル
15日間
27ドル
(通話20分/20SMS)
有効期限と料金
(3GB)
30日間
8.5ドル
30日間
13ドル
30日間
24ドル
30日間
36ドル
(通話30分/30SMS)
有効期限と料金
(5GB)
30日間
11.5ドル
30日間
20ドル
60日間
35ドル
60日間
50ドル
(通話50分/50SMS)
有効期限と料金
(10GB)
30日間
18ドル
30日間
37ドル
180日間
59ドル
180日間
79ドル
(通話100分/100SMS)
有効期限と料金
(20GB)
30日間
26ドル
365日間
69ドル
365日間
89ドル
(通話200分/200SMS)
有効期限と料金
(50GB)
90日間
100ドル
有効期限と料金
(100GB)
180日間
185ドル
価格は米ドルです。

各プランにそれぞれメリットデメリットがあるので、これから紹介していきます。

【現地のeSIM】のメリット/デメリット

各国ごとにデータSIMを発行するプランです。

ローカルeSIMのメリット

  • 特定の国だけを旅行するなら最適
  • グローバルeSIMに対応していない国も選べる
  • 国によって通信無制限プランがある

「韓国旅行に行く!」「アメリカに出張で行く」など、1ヶ国でとどまる場合はローカルeSIMがメリットが大きいです。

200カ国以上に対応しており、グローバルeSIMにない国もあります。

ジンバブエはグローバルeSim非対応

また、国によってはデータ無制限プランもあるので、とてもおすすめです。

ご自身がこれから行く国のプランを確認してみましょう。

ローカルeSIMのデメリット

  • 複数の国を旅行する場合は、料金が高くなる場合がある
  • 国によっては通信プランが少ない

複数の国をまたいで移動する場合、現地の電波が入らなくなると通信が出来なくなります。
ヨーロッパ旅行やアジア旅行など、近隣の国を複数旅行するつもりならローカルeSIMよりもリージョナルeSIMがお得になります。

また、国によってはローカルeSIMを使うよりグローバルeSIMを使った方が良い場合もあります。

ギニアは1GB(7日間)プランが9ドル。
これはグローバルeSIMと同じ値段です。

これならばグローバルeSIMを選んだ方がお得と言えます。

【リージョナルeSIM】のメリット/デメリット

複数の国や地域で使えるeSIMプランです。

リージョナルeSIMのメリット

  • アジア旅行/ヨーロッパ旅行 など同地域多国への旅行に最適

アジア全体、ヨーロッパ全体を旅行するときは、地域のeSIMを使うのがお得です。

アジアeSIMの対応国(タップで表示)
  • インドネシアインドネシア
  • カンボジアカンボジア
  • シンガポールシンガポール
  • タイタイ
  • フィリピンフィリピン
  • ベトナムベトナム
  • マカオマカオ
  • マレーシアマレーシア
  • ラオスラオス
  • 中国中国
  • 台湾台湾
  • 日本日本
  • 韓国韓国
  • 香港香港

アフリカeSIMの対応国(タップで表示)
  • アルジェリアアルジェリア
  • ウガンダウガンダ
  • エスワティニエスワティニ
  • ガーナガーナ
  • ガボンガボン
  • カメルーンカメルーン
  • ギニアギニア
  • ギニアビサウギニアビサウ
  • ケニアケニア
  • コートジボアールコートジボアール
  • コンゴ共和国コンゴ共和国
  • コンゴ民主共和国コンゴ民主共和国
  • シエラレオネシエラレオネ
  • セネガルセネガル
  • タンザニアタンザニア
  • チャドチャド
  • チュニジアチュニジア
  • ナイジェリアナイジェリア
  • ナミビアナミビア
  • ブルキナファソブルキナファソ
  • ボツワナボツワナ
  • マダガスカルマダガスカル
  • マラウイマラウイ
  • リベリアリベリア
  • 中央アフリカ共和国中央アフリカ共和国
  • 南アフリカ南アフリカ
カリブ海諸国eSIMの対応国(タップで表示)
  • アルーバアルーバ
  • アンギラアンギラ
  • アンティグアバーブーダアンティグアバーブーダ
  • イギリス領ヴァージン諸島イギリス領ヴァージン諸島
  • キュラソー島キュラソー島
  • グアドループグアドループ
  • グレナダグレナダ
  • ケイマン諸島ケイマン諸島
  • ジャマイカジャマイカ
  • セントクリストファー・ネイビスセントクリストファー・ネイビス
  • セントビンセントおよびグレナディーン諸島セントビンセントおよびグレナディーン諸島
  • セントルシアセントルシア
  • タークス諸島・カイコス諸島タークス諸島・カイコス諸島
  • ドミニカドミニカ
  • トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ
  • ハイチハイチ
  • パナマパナマ
  • バハマバハマ
  • バルバドスバルバドス
  • プエルトリコプエルトリコ
  • フランス領ギアナフランス領ギアナ
  • ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ
  • マルチニークマルチニーク
  • モンセラットモンセラット
ヨーロッパeSIMの対応国(タップで表示)
  • アイスランドアイスランド
  • アイルランドアイルランド
  • アルバニアアルバニア
  • アンドラアンドラ
  • イギリスイギリス
  • イタリアイタリア
  • ウクライナウクライナ
  • エストニアエストニア
  • オーストリアオーストリア
  • オランダオランダ
  • キプロスキプロス
  • ギリシャギリシャ
  • クロアチアクロアチア
  • ジブラルタルジブラルタル
  • スイススイス
  • スウェーデンスウェーデン
  • スペインスペイン
  • スロバキアスロバキア
  • スロベニアスロベニア
  • セルビアセルビア
  • チェコ共和国チェコ共和国
  • デンマークデンマーク
  • ドイツドイツ
  • トルコトルコ
  • ノルウェーノルウェー
  • ハンガリーハンガリー
  • フィンランドフィンランド
  • フランスフランス
  • ブルガリアブルガリア
  • ベルギーベルギー
  • ポーランドポーランド
  • ポルトガルポルトガル
  • マルタマルタ
  • モンテネグロモンテネグロ
  • ラトビアラトビア
  • リトアニアリトアニア
  • リヒテンシュタインリヒテンシュタイン
  • ルーマニアルーマニア
  • ルクセンブルクルクセンブルク
中東および北アフリカeSIMの対応国(タップで表示)
  • アラブ首長国連邦アラブ首長国連邦
  • イスラエルイスラエル
  • イラクイラク
  • イラン(イスラム共和国)イラン(イスラム共和国)
  • エジプトエジプト
  • オマーンオマーン
  • カタールカタール
  • クウェートクウェート
  • サウジアラビアサウジアラビア
  • スーダンスーダン
  • チュニジアチュニジア
  • バーレーンバーレーン
  • パレスチナ(自治区)パレスチナ(自治区)
  • モロッコモロッコ
  • ヨルダンヨルダン
北米eSIMの対応国(タップで表示)
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
  • カナダカナダ
  • メキシコメキシコ
南米eSIMの対応国(タップで表示)
  • アルゼンチンアルゼンチン
  • ウルグアイウルグアイ
  • エクアドルエクアドル
  • エルサルバドルエルサルバドル
  • グアテマラグアテマラ
  • コスタリカコスタリカ
  • コロンビアコロンビア
  • チリチリ
  • ニカラグアニカラグア
  • パナマパナマ
  • パラグアイパラグアイ
  • ブラジルブラジル
  • フランス領ギアナフランス領ギアナ
  • ベネズエラベネズエラ
  • ベリーズベリーズ
  • ペルーペルー
  • ボリビアボリビア
  • ホンジュラスホンジュラス
  • メキシコメキシコ

リージョナルeSIMのデメリット

  • 1カ国にしか行かないなら割高になる

あまりないかと思いますが、複数ヶ国行く予定が1カ国しか行かなかった場合、割高になってしまいます。

【グローバルeSIM】のメリット/デメリット

世界中の130以上の国や地域で使えるeSIMプランです。

グローバルeSIMのメリット

  • 全世界に対応している
  • 飛行機乗り継ぎ時もWi-Fiを探さなくて良い
  • 電話番号を付与されるプランを選べる

全世界130カ国に対応しており、世界中を渡る人におすすめです。
また、飛行機の乗り継ぎで降りた空港でもWi-Fiを探さず通信を続けることが出来ます。

他のプランと違い、電話番号を付与されるプランもあります。
現地で何かのサービスに登録する場合は便利なeSIMプランです。

グローバルeSIMのデメリット

  • 他のプランと比べて割高
  • 対応していない国がある(ローカルeSIMでは選べる)

他のプランと比べると、やや割高です。
短期間で複数の国に行く人以外はあまりメリットを感じないかも知れません。
とはいえ7日間1GBで9ドルほど。

また、対応していない国もいくつかあり、非対応の国はローカルeSIMにその都度課金する必要があります。

公式サイトから、airaloがどの国に対応しているか確認できます。
以下のページから渡航予定の国を調べていてください。

まとめ

airaloのeSIMプランは、旅行先の国や地域に応じて3種類から選べます。

  • ローカルeSIMは、一つの国や地域でのみ使えるプランで、日本国内や単一国の旅行に向いています。
  • リージョナルeSIMは、複数の国や地域で使えるプランで、アジアやヨーロッパなどの地域別の旅行に向いています。
  • グローバルeSIMは、世界中の130以上の国や地域で使えるプランで、全世界を移動するビジネスマンや旅行者に向いています。

これらのプランは、価格やデータ量に違いがありますので、自分のニーズに合わせて選ぶことができます。

基本使用料は0円なので、アプリだけでも入れておくのをおすすめします。
データを購入しない限り、お金がかからないので海外でスマホを使っての高額請求の心配もありません。

登録時もしくは購入時に紹介コードを入力すると、3ドル分の料金が割引されます。

▼3ドル割引になるクーポンコード▼
JYSESJ9043

コメント

タイトルとURLをコピーしました