Public Relations

急な電話は集中力の敵?仕事効率を高める対策法

一日の計画を立て、集中して作業に取り組んでいる時に突然の電話が鳴る。
このようなシーンは、多くの職場や日常生活でよくあることです。

この一本の電話が、思考の流れを断ち切り、集中力を大きく阻害する原因となります。
それでは、なぜ急な電話が私たちの集中力にこれほど大きな影響を与えるのでしょうか?

この記事では、この問題を深く掘り下げ、実用的な解決策を提案します。

急な電話は作業効率をめちゃくちゃ下げる

人間の脳は、一つのタスクに集中するように設計されています。
複雑な作業をしている最中に電話が鳴ると、私たちはそのタスクから引き離され、完全に異なる状況に注意を向ける必要が出てきます。

研究によると、一度集中が途切れると、元の作業に戻るのに平均23分かかることがわかっています。1
この中断は、作業効率の低下だけでなく、ストレスや疲労の原因にもなります。

集中力の影響は、電話に出た社員だけではありません。
「誰が出るんだろう?」「電話音うるさいなぁ」「自分が出た方がいいのかな?」
などと考えるだけでも集中が切れてしまいます。

1本の電話で社内全体の作業効率が落ちるので、会社は見えないコストを多大に支払っている事になります。

特にクリエイティブな作業や複雑な問題解決を要する作業では、この中断の影響はさらに大きいのです。

マルチタスクの弊害

また、マルチタスクは様々なデメリットがあることも研究で明らかになっています。

  • 幸福度を下げる
  • 集中力も下げる
  • 認知能力も低下する

電話やLINEが1通来るだけで、集中力は削がれマルチタスク状態になります。

集中が途切れるのを防ぐだけで仕事も趣味も効率が爆上がりします。

急な電話を避ける対処法

  • スケジュール化: 仕事の効率を高めるためには、電話を取る時間をスケジュールに組み込むことが重要です。例えば、午前中は電話を無視し、午後一定の時間に電話対応を行うなど、作業と電話の時間を明確に分けましょう。
  • 静音設定: 集中を要する作業中は、電話を静音に設定し、必要ない通知はオフにしましょう。これにより、無関係な中断から解放され、集中力を維持することができます。
  • 通知の管理: スマートフォンやコンピュータの設定を見直し、必要な通知のみを受け取るようにしましょう。重要でない通知は、一時的に無視するか、設定でオフにすることが可能です。
  • 代替通信手段の利用: 緊急でない連絡はメールやチャットツールを活用しましょう。これにより、自分のタイミングで対応でき、作業の中断を減らすことができます。

対処法を試した人の感想

実際にこれらの方法を試した多くのプロフェッショナルは、作業効率の向上を報告しています。

たとえば、メールでの対応を基本とし、電話はスケジュールされた時間に限定することで、集中して作業に取り組む時間が増え、ストレスが軽減されました。
また、緊急性の高い通知のみを許可し、その他の通知は無視することで、集中力を持続させることができるようになったという人がたくさんいます。

スケジュール化を始めてから、一日の生産性が大幅に向上しました。午前中は電話を完全に遮断し、集中して作業に取り組むことで、以前よりも多くのタスクを効率的に完成させることができるようになりました。午後の電話時間を設定することで、コミュニケーションもスムーズに行えています。

スマートフォンを静音に設定したことで、集中力が途切れることがほとんどなくなりました。以前は頻繁に通知音に気を取られていましたが、今は重要な通知以外は気にならなくなり、仕事に没頭できるようになりました。

通知の管理を徹底することで、無駄な時間を減らすことができました。重要な通知だけを受け取るように設定したので、作業中に無関係な情報に気を散らされることがなくなり、作業効率が大幅にアップしました。

特に、緊急でない連絡をメールやチャットツールに切り替えたことで、電話による不意の中断が激減しました。集中して作業に取り組む時間が増え、一日の生産性が上がりました。メールやチャットを使うことで、コミュニケーションがより計画的かつ効率的になり、急な電話よりもストレスが少なくなりました。

電話対応によって集中力を削られないために、様々な対策があります。

スマホや電話の時間を制限するのも良いですが、電話対応を外注してチャットやメッセージに残しおくのも良い手段です。
急な電話での集中力の低下を防ぎつつ、大切な連絡にはしっかり折り返してビジネスのチャンスを逃しません。

電話番代行業者を使う

電話代行業者を使用することは、特に中断を最小限に抑えて集中力を維持したいビジネスオーナー、フリーランサー、または忙しい個人事業主にとって有効な選択肢です。

電話に時間を取られないメリットを享受しつつ、チャットなどで連絡内容が残るのでビジネスチャンスを逃しません。

電話代行業者は数多くありますが、おすすめは『フォンデスク』です。
使い方やプランがシンプルで、初めての電話代行を使う人におすすめです。

また、4,500社以上で利用されており、日本で最も人気の電話代行サービスです。
月額10,000円ですが、縛り期間もなので手軽に始められます。

今なら14日間の無料トライアルもあります。
オンラインで今すぐ登録できるので、電話で仕事をさえぎられて困っているなら試してみてください。

まとめ

急な電話がもたらす中断は、仕事の集中力や効率に大きな影響を及ぼしますが、この記事で紹介した対策を活用することで、その影響を大きく軽減することが可能です。

スケジュールの調整、静音設定、通知の管理、代替通信手段の利用など、小さな変更が大きな変化を生みだします。
電話などの些末な事に気を取られずに、よりストレスの少ない作業環境を作り出しましょう。

この記事で紹介した対策に加え、電話代行サービスの利用もおすすめです。
専門的な代行業者による電話管理は、重要な作業中の中断を防ぎ、効率を大きく向上させることができます。
今日からでも、これらの戦略と電話代行サービスを活用して、ストレスの少ない効果的な作業環境を実現しましょう。

索引

  1. Microsoft Word – chi1038-mark.doc (uci.edu) ↩︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました