ガーミンのVENU2とVENU2Plusどっちがいい?僕がVENU2を選んだ理由【GARMIN】

高機能なスマートウォッチを販売するガーミン。
中でもVENU2は街中でも使えるシンプルデザインながら、GPSや歩数計、Suicaなど機能面も充実しています。

このVENU2にはVENU2Plusというバージョンアップ機種があります。
価格差は5,000円ほどで機能の違いは「Bluetooth音声通話ができる」だけです。

通話機能がいらない人は前の機種であるVENU2を選びましょう!

逆に時計だけで通話したい人、家の中でスマホを離れたところに置きがちな人、Googleアシスタントなどを使いたい人は通話に対応したVENU2Plusを選ぶといいでしょう。

僕の場合は、通話はスマホでするのでVENU2で十分です。
そして新機種VENU2Plusで一番気に入らなかったのが、時計から着信音が鳴ること
電車内で音を出してしまう危険があったので、そもそもスピーカーのないVENU2を選びました。

VENU2とVENU2Plusの違い

同じシリーズのスマートウォッチ。どちらが自分の使い方に合っているか参考にしてみてください。

機能の違い

機能の大きな違いはマイク/スピーカーがあるかどうか。音声機能の違いでできることも変わってきます。

通話機能がある

連携したスマートフォンに着信があったら応答したり、時計単体で発信できます。(Bluetoothが届く範囲で)

ただし着信履歴は見れないので、折り返しの場合はスマホの操作が必要です。

使用シーンとしては自宅でスマホを充電中など、手元にない時にサッと電話対応するくらいでしょうか。
外で使う場合は大抵スマホはポケットに入っているので、わざわざ時計で通話する必要はありません。(相手の声も周りに聞こえますし)

音声アシスタントが使える

SiriやGoogleアシスタントを腕時計で操作できます。switch botなどのスマート家電を操作する人は便利かもしれません。

ただしアレクサには未対応。

デザイン違い

デザインに関してはplusの方がカッコいいです。

ケースの裏面は金属製で耐久性や高級感がUP。

Plusは裏面が金属製

ベゼル横のボタンは真ん中に1つ追加されています。音声アシスタントなどの機能を利用できるボタンです。

音声系の機能はこのボタン

Plusは一回り小さくなった

pulsの方が若干サイズが小さくなりました。
時計自体は小さくなりましたが、画面の大きさは変わっていません。

全体的な大きさが小さくなったため、ベルト幅も少し小さくなっています。

サイズベルト幅
VENU245.4 x 45.4 x 12.2 mm 22 mm
VENU2Plus43.6 x 43.6 x 12.6 mm20 mm
Plusは直径が2ミリ小さい

重量はVENU2の方が少し軽くなっています。
おそらく素材の違いでしょう。

重量
VENU249.0 g
VENU2Plus51.0 g
VENU2の方が軽い

バッテリーはvenu2が強い

バッテリー(駆動時間)は旧型のVENU2の方が少し多くなっています。

カタログスペックでは

稼働時間
VENU2スマートウォッチモード:約 11 日間
GPS+音楽モード:約8時間
GPSモード:約22時間
VENU2Plusスマートウォッチモード: 約 9 日間
バッテリー節約スマートウォッチモード: 約 10日間
GPS+音楽モード: 約 8 時間
GPSモード:約 24 時間

音声機能にこだわりがないなら、バッテリー持ちがいいVENU2の方がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました